■プロフィール

はなむぐり

Author:はなむぐり
ブログ外ではmouruって名前で出回っています。何かありましたら tiyokkiri★yahoo.co.jp へ (★→@)

■カテゴリー
■最近の記事
■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
知子ちゃん
20150328satoko.jpg
ライストでみた感動のテンションのまま描いた知子ちゃんのミス・サイゴン。
2014全日本で唯一泣いた演技がミスサイゴンでした。

ぱっとすぐ目につく華があるわけではないですが、可憐で凛々しくて芯の強さを感じる知子ちゃんによくあったプログラムだと思います。
銀メダルおめでとうございます!

そして、理華ちゃんと佳菜子ちゃんも頑張った。6位と7位なんでこの二人でも3枠確保出来てた事を主張したい。
お疲れ様でした!

以下絵と関係ないひとりごと
=================================================

「僕は才能っていうのは何よりまずチャンスを掴む握力と失敗から学べる冷静さだと思う。絵の上手い下手はその次だ。僕は僕より上手い人間がわずかな自意識過剰やつまらない遠慮のせいでチャンスを取りこぼしてきたのを何度も見た・・・惜しいと思うよ、未だにね」
SHIROBAKOで杉江さんが言ったこの言葉がワールド見てる間ずっとリフレインしてました。
杉江さんは絵の才能について語ってたけど、どんなジャンルにも通じる言葉だなと思いました。

フィギュアだとポテンシャルはあるのになぜか大舞台で結果を残せない選手というのが何人もいるんですが、
しっかり結果を残している選手との違いは何かというと、チャンスを掴む握力があるか無いかなのかな。
うーんそれだけで片付けられる物でもないしなあ。色々失敗の末に手につかむメダルというパターンもありますしね。
まあそれは置いておいて、SHIROBAKO凄い面白かったです。
スポンサーサイト


フィギュアスケート | 18:57:36

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。