■プロフィール

はなむぐり

Author:はなむぐり
ブログ外ではmouruって名前で出回っています。何かありましたら tiyokkiri★yahoo.co.jp へ (★→@)

■カテゴリー
■最近の記事
■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
プリンスアイスワールド行ってきた
東京の東伏見で行われたプリンスアイスワールドに7月20日夜公演と21日昼公演行ってきました。
実はプリンスのアイスショーは初めてだったのですが、他のアイスショーと勝手が違って色々新鮮でした。
IMG_1503.jpg
会場のダイドードリンコアイスアリーナも初めて。常設リンクだし寒いと聞いてたので防寒はしっかりと準備。フル装備でした。21日はエキサイティングシートだったんですが、天井から雨漏り?でぽつぽつ水滴が落ちてきたのには閉口しました。
IMG_1511.jpg
ショー本番以外は写真撮影大丈夫だったので、エキサイティングシートからの眺め。


IMG_1428.jpg
東野圭吾著 「夢はトリノをかけめぐる」

PIW見に行く為、道中の時間つぶし用に借りる。
筆者のトリノ五輪観戦記。
観戦記なのでさくさく読めた。さくさくすぎて行きの新幹線で読みきってしまう。一緒に借りた他の本も持ってくればよかった。

東野圭吾がトリノオリンピック観戦に行くほど冬季競技好きとは知らなかった。しかもフィギュア女子ショート観戦してた。
トイレが汚い、トリノ市街から会場に行くのに距離が凄い、一般客は遠回りさせられるなど、現地観戦ならではの苦労がよくわかった。ワインと料理は美味しそう。
色んな競技を観に行っていたが、クロカン面白そうだなと思った。
筆者はスキージャンプの競技者が殺されるストーリーの「鳥人計画」という本を書いていたこともあり、その本を書くにあたって当時高1の葛西選手に取材した事があるらしい。文中で「たぶんこれが最後の五輪だ」と筆者がしみじみ呟いている。ソチ五輪でのレジェンドぶりを知っていると人間の可能性は面白いなと思った。

「白夜行」のエキシを自分で降りつけるほどの東野圭吾ファンの町田の存在は知ってるのかな。いつか対談見てみたい。
IMG_1432.jpg
IMG_1429.jpg
駅弁で買ったマエケン弁当。ボリューミー。

↓以下感想

≪オープニング≫プリンスチームではコバヒロさんが目立ってた。元ジャニーズjrだからか見せ方上手い。
鈴木明子…「ツィゴイネルワイゼン」。うーむ髪飾りあんま好きじゃない。最初に見たDOIで途中で髪飾りが緩んで?演技後にポニーテールをほどいたアクシデントがあったんですが、それがに鮮烈に印象に残った。このプロでは合わないけど、なんかのプロで活用できそう。(でも毎回髪ほどくのはちょっとくどいかな)近い席で見ると顔の表情もわかるのでより凄みがあった。目力も素晴らしい。ステップの途中でトゥをカツンと叩くとこが好き。色々なところでゾクゾクした。21日スタオベ。
本田武史…「トーキントゥザムーン」。バレエジャンプ、高さに余裕があって美しい。スケーティングもスピンも美しく、熟練の技を堪能。そしてイーグルいわゆるYES!!パートで会場大盛り上がり。本田さんはここに来てショーで盛り上がる鉄板ネタが出来たなあとw
グループ演技…「木星」バレエ「ジゼル」に出てくる妖精ウィリ達と妖精の女王様みたいだった。ゆきなはんヒラヒラ布の色か素材変えよう!折角美しいのに、黒でテカテカした素材なので正直ごみ袋纏ってるようにしか見えなかった…。横浜公演では白い布まとってたんですが、群舞で目立つためなのかな。「イングリッシュマイン」はテーマが分かりやすくて好き。
庄司理紗…チアガールの可愛いの。一時期体型変化で苦しんでた印象ですが、大分絞ってきててよかった。個人的にチアガールは集団でやってくれるのが好きなんで、プリンスの若手数人でグループ演技したら楽しそうだなと思った。
織田信成…「アディオス・ノニーノ」貴重なニヒル笑顔いただきました~。エキサイティング席では周りも盛り上がってたので便乗して盛り上がりました。まさか織田君にアピールされてキャーキャーいう事になるとは…wこのプロみるとバトルと同門だなあと思う。

20分休憩
スポンサーがメルセデスベンツということで、製氷前にスケーターを乗せたベンツがリンクに登場。
IMG_1463-1
20日夜公演はあっこちゃん。
IMG_1523.jpg
21日昼公演は美姫ちゃんでした。(上手く写真が撮れず後ろ姿…)
美姫ちゃん→町田くん→あっこちゃんの順番で乗ってたらしい。

グループ演技
太田由希奈…ウィルソン振付オペラの「La Wally」。この曲はウィルソンがいつか誰かに使いたいと20年間温めてきたもので、絶対に由希奈はんに合うはずと今回用意してくれたそう。ジャンプを一つも跳んでいないんだけど、全く気付かなかった。
フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ…横浜公演とは違ったプロ。煙管を持ったショーガール風の女が世界が違いそうな男と出会って葛藤などを繰り返しつつ愛を深めていく大人のプロ(と解釈)。全体的にしっとりした雰囲気なんですが、フィオナさんを地面すれすれにぶん回し→フィオナさんがドミトリーさんの胸にすがって終わりだったのでDV依存のプロにも見えてしまった…。噂にはきいていたがフィオナさんの尻がすごかった。衣裳の趣味はどっちの趣味なのか聞いてみたい。
グループ演技…「失恋サムバディ」はどうしても2013SOIのオープニング(のカートのかっこよさ)を思い出しちゃうなあ。
町田樹…「Je te veux」。このプロの解釈は見る人にお任せするとのことなので、妄想してみた↓
jeteveux.jpg
※「世界、頂!ニッポン代表応援TV」で確認したらレイバックスピンの時はまだ黄照明だった。うーんこの記憶力。
色々小ネタが隠されているので妄想し甲斐があるんですが、いつか正解も出してほしい。
安藤美姫…「Say Something」DOIで見た時は生よりテレビの方が印象がよく見えた。今回も遠くの席より表情の見えるエキサイティング席の方がよかったです。
高橋大輔…「I'm Kissing You」町田の表現は内にこもって観客を町田の世界にひきこむ感じ。高橋の表現は観客に向かってダイレクトにぶつけてくる感じ。町田の場合は受け手側が町田の演技の何かに引っかかったら一気に惹きこまれるが、逆に引っかかるものを感じなかったらそこまで。高橋の場合は受け手の事情関係なく「俺の演技を見ろ!」とガンガンぶつけてくる。どっちがいいとかでは無く、表現の仕方が真逆だなと続けて見て思った。面白い。
≪フィナーレ≫
開始15:30終了17:50

そしてここから、プリンスアイスショー名物?の「ふれあいタイム」開始。
出演したスケーターたちがリンクを周って観客のプレゼントを受け取ったり握手したり写真撮ったりする時間。
今回初めて目の当たりにして、正直いい意味でも悪い意味でも衝撃でしたね…。
IMG_1470.jpg
スポンサーサイト
フィギュアスケート | 23:33:27

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。