■プロフィール

はなむぐり

Author:はなむぐり
ブログ外ではmouruって名前で出回っています。何かありましたら tiyokkiri★yahoo.co.jp へ (★→@)

■カテゴリー
■最近の記事
■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2012DOI感想くわしく
写真禁止でらくがきから起こして描いてるためかなり間違いがあると思われる座席メモ
201206241827000のコピー
土曜は昼夜とも西(ジャッジ反対)側北より真ん中の2階席。
日曜千秋楽は立ち見で東側真ん中らへんで観ました。
新横浜リンクは狭いので3階席でもオペラ無しでも楽しめそう。
第一部から第二部の間の休憩(ザンボ)時間は約25分。


羽生エレベーター
エレベーターが開いた時の羽生選手のドヤオーラっぷりはしばらく忘れられない気がします。
解説者で元フィギュアスケート選手の五十嵐さんが「五十嵐文男の華麗なるフィギュアスケート」という本の中で

トップランクの選手は皆、「異常に負けん気が強くて、ちょっとナルシスティック。そして自己顕示欲が強い」

と仰っていましたが、その要素を17歳にして全て持ってる羽生選手はトップ選手になるべくしてなった気がしました。

(余談ですがこの本、二日酔いでのスピンやジャンプはおすすめしないだの、フェンス上の会社のロゴは選手にとっては滑る位置を確認するのに便利だの、元選手ならではの小ネタが多くておススメです)


さて忘れないうちに詳細感想↓


≪OP≫
小塚登場時のイーグルが凄い好きだなと思いました。シンクロの子たちのスカートの広がり方が神ってた。
土曜夜と日曜昼のカロリーナさんは白のTシャツに黒のホットパンツという出で立ちだったんですが、一瞬体操服とブルマに見えて「何のサービス!?」とビックリしました。あっこちゃんは公演ごとに違う技を披露してくれたんですが、土曜夜の5連続ジャンプが一番テンションあがった。

宇野昌磨…まず、国別の時よりだいぶ背が高くなってて(足が伸びた?)すごく安心した!正直国別エキシでの小ささにはやや不安を覚えてたので…。なんか悪ガキ風プロ。相変わらず見せ方が上手い。そして宝塚の男役バリに目で客を釣りまくっていたのが微笑ましい。
庄司理紗 …アップテンポでダンサブルなプロ。あんまりリズム感ないのか、土曜昼公演だとメリハリもなくかなりもっさりしていて大丈夫か?と思った。が、回を重ねるごとにメリハリがついてきて千秋楽だと結構いい感じになってた。ジュニア選手はわかりやすく成長するのが面白いですね。どうでもいいけど女の子成分満載のあの振付、ヒゲの宮本先生がやってたのか…。
日野龍樹…凄くやる気のないブルース・リー。ヌンチャクのハラハラさせる捌きっぷりが見ているうちに病みつきになってしまった…。選手の間でもヌンチャク捌きが気になってたらしく、奈也ちゃんは毎回舞台袖でヌンチャクチェックをして、楽屋に戻ったら他の選手たちから「今回のヌンチャクはどうだった!?」と聞かれてたらしいw(奈也ブログより)あの無表情と独特の暗さはもはや個性の域。
佐藤未生…全日本SP一番滑走で延々漬物石だった未生ちゃん。弾丸みたいなジャンプはちょっと伊藤みどりっぽい…と今パンフチェックしたら山田コーチもそういってた。コケティッシュなフレンチポップスを使ったプロ。この子も初回は無表情なのが気になったけど、回を重ねるごとに表情が出てきた。やっぱ経験が生きるんだなあ。
田中刑事…来季SPのスカミュージックを使ったプロ。ダンスセンスがいいのか、踊るの難しそうなプロなのに今の段階で結構踊りこなしていた。あの大きな手と背中は産んでくれた親に感謝するレベルに素晴らしい。あといつも衣装がわかってらっしゃる。袖の長さとかサッシュベルトの位置とか随所がかゆい所に手が届くベストバランス。よほど衣装屋と母親のセンスがいいんだろう。土曜夜スタオべ。千秋楽はノーミスでスタオべちらほら。
宮原知子…「クリスマスの夜、全日本の会場で白い天使が現れたと思った方も多いんじゃないでしょうか」という演技前のアナウンス…その天使の半伝説化したフリー、テレビ放映してくれなかったじゃないですかー!やだー!!私は現地でみましたけどね!(自慢)今回はしっとりとしたサン=サーンスの白鳥プロ。今回はジャンプが低空だったのが気になったかな。指先まで気を使ってるのはよかった。
村上大介…こっからシニア選手。やはりJrと比べると滑りの大きさと表現力が段違い。プロは来季FS「ミッション」のショーバージョン。本人が好きな曲というだけあってなんか情熱を感じた。オフシーズンにもかかわらず身体も締まってよく動いていて、試合が無い間もきっちり練習したのがうかがえる。来季化けて欲しい。
今井遥…前述したけどアイスクリームのようなスウィートさを感じるスケーティングに惚れぼれした。ただ、スケーティングトップレベルのコストナーさんに比べると頑張って漕いでる感じはした。このレベルになると指先の仕草だけで喜怒哀楽を表現できるのだ。体つきがムチムチしていたというか、胸が大きくなってジャンプが飛びにくそうに感じた。安藤に胸の補正に定評のある衣装屋を教えてもらうといいよ。土曜昼夜ともスタオべ。しかし妙に色気があるな。
町田樹本当になにがあった町田ってレベルで前回みた全日本から表現力が5段飛ばしくらい上がっていた。元々観客が盛り上がったらノリノリでいい演技を魅せてくれる選手って印象でしたが、今回は観客を有無を言わさずワールドに引きずりこんでいた。金曜夜はそこまでじゃなかったらしいですが、私が見た3公演は全て会場総スタオべ。演技後も「なんか凄いものを見た」感でしばらくざわざわしてました。プロは「ロシュフォールの恋人たち」。元々今季のSPだったけどお蔵入りしてたプロらしい。ぜひ来季のSPに!って思ったけどSPはランビプロらしい。そっちも楽しみ。ああ早くテレビで見返したい…。
無良崇人…無良の持ち味である豪快なジャンプと端正なスケーティングが堪能できるプロだったが、いかんせん順番が悪かった…。キャメルスピン中に双眼鏡をのぞいたらパンチラタイム中で、まるで自分がパンチラを見るために双眼鏡をのぞいたかのようで凄いいたたまれない気分になった。今回、ホテルのエスカレーターで偶然一緒になったんですが、リンクでの印象よりもずっと小柄で細かったのが意外でした。期待してます的な声をかけようかと思ったけど、逃げ場のない密室で素姓のわからない人物に声をかけられても怖いだけだな…と思ったので知らない振りしました。オフリンクの無良くんは礼儀正しい好青年でしたよ。
神宮アイスメッセンジャーズ グレース…日本のアイスショーでは貴重なシンクロナイズドスケーティング。リンク上に万華鏡を作るかのような動きは、3階席から見た方が楽しめそう。手の動きがよくわかるアシンメトリーな上半身に翻り方を考えて作られたスカートと、衣装にスタッフの愛を感じた。

~第二部~

武田奈也…正直、他のゲストスケーターとは実績が違うので、「何故に?」と思ったんですが、引退のショーと聞いて納得。お疲れさまでした。しかし、出るならもうちょっと絞って出てきて欲しかった…。まあまた奈也スマイルをキスクラで見たいので振付師&コーチ活動頑張ってほしい。ジュニアやノービスの子のコーチに向いてそうな気がします。「勝てるスケート」じゃなく、「楽しいスケート」を教えてくれそうだし。
小塚崇彦…2シーズン前のソウルマンプロのショーバージョン。滑りに豪快さが出てきた気がする。あと上半身の硬さがとれて踊れるようになってた。途中で客席(に紛れ込んだジュニア選手)からサングラスをもらってそれをかけて滑るという演出がある。渡すジュニア選手は金曜夜・刑事、土曜昼・宮原、土曜夜・佐藤、千秋楽・宇野だった模様。回を重ねるごとに小芝居が増えていったのが面白かった。みやけんのアイデアなんだろうか?
村上佳奈子…2プロ滑ってたけど、なぜだか印象が薄い…。ただ、去年のDOIで観て「う~ん?」と思ったプロが、年末のMOIで見違えるほどよくなってて感動した覚えがあるので、今年も成長を期待したいです。
高トラ…来季のSP。大人っぽいしっとりムーディーなプロで、高トラにとってはチャレンジな感じ。2012-2013シーズンは毛色の変わったプロにして、オリンピックシーズンに得意分野のプロをぶっ込むという戦略なんだろうか。そういえばオリンピック出場は結局どうなるのか…。
安藤美姫…2プロ滑って両方とも白い衣装。個人的には「タイスの瞑想曲」の方が好きかな。身体は絞れていたので、今シーズン現役復帰してもなんとかなりそう。ただ、ちょっとスケーティングが落ちている気がする。貫録の女王オーラは健在。
羽生結弦…黒の指抜きグローブ+ピチピチ皮パンという厨二イズムあふれる衣装はやっぱ本人の趣味なんだろうか…。かなり心臓に悪いコケ方をするので、カナダでリカバリの早さを習得してほしい。終わった後着ていたシャツを脱いで観客に投げるというアイドルみたいな事をノリノリでしていた。脱ぐのはいいが、「脱ごっかな~?どうしよっかな~?(チラッ」て感じでじらしながら脱ぐのは不健全な香りがするので正直やめて欲しい。正直あまり良プロとは思えないんですが、それでも一定水準以上に魅せてくれるのは流石。このプロはジャッジ側より反対側の客席で見た方が楽しめるかも。キレキレだった土曜夜公演でスタオべ。
カロリーナ・コストナー…ビョークの「I'ts Oh So Quiet」とジェフ・バックリィ「Hallelujah」の2プロ。両方ともよかったけど、特に千秋楽で滑った「Hallelujah」が神々しすぎて泣きそうになった。衣装が今季フリーの銀色全身タイツだったんですが、ライトアップで全身キラキラ輝いていて、本当に美しかった。でも、土曜夜にフリー衣装で滑った「I'ts Oh So Quiet」はなんかシュールだったwあのプロにはこっちの衣装の方があってる気がする。唇に指を当ててシーっがむっちゃ可愛かった。土曜昼夜スタオべ
パトリック・チャン…滑りの大きいPさんには新横のリンクは狭すぎるのか、「体の大きさに会っていない水槽に入れられた魚」のように動きにくそうに見えました。去年のJOで見たPさんの滑りはこんなもんじゃなかった。プロは、国別でみたバトル振付のプロの方が好き。まあ、土曜昼スタオべしましたが。ところでPさんはいつになったらマタドール衣装を着て滑ってくれるんでしょうか。「この体型はマタドールが絶対似合う!!」と、2年くらい前から待ってるんですけど。コーチが変わったみたいなので、欧州チックな演劇性の高いプロを見てみたいですね。そして是非マタドールをry
鈴木明子…新エキシ「シェルブールの雨傘」。町田の「ロシュフォール~」といい、今回はミシェル・ルグラン音楽のプロが当たりプロでした。ついでに、ドゥミ×ドヌーブ×ルグラン三部作の最後の1作「ロバと王女」もプロにしたらどうでしょうか宮本先生。土曜昼公演の時の髪型が、劇中のドヌーブっぽくて素敵でした。終盤のストレートラインステップ前の、ショートサイド端っこで立ち止まる→俯いて少し逡巡する→突如決心したかのように振り返り、一気に駆け出してステップ開始……という動作が好きで好きで!!!
akko.jpg
日常でふと思い出したらニヤニヤする始末。土曜夜スタオべ。
高橋大輔…安心安定のみやけん振付「ブエノスアイレスの春」。やっぱ観客を惹きこむパワーは桁違いだなあと。毎公演観客の熱狂ぶりが凄かった。新プロなんだけどもう1年滑ったかのようにこなれていてビックリです。序盤の身体の動作とか、途中にあるパントマイムが前よりよくなってた。どこまで進化する気なんでしょうかこの人。そういえば、初日にモロゾフと再タッグを組むと発表したみたいですね。ソチを考えるといい選択なのではないでしょうか。振付は別の人でお願いします!
スポンサーサイト
フィギュアスケート | 01:52:18

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。