■プロフィール

はなむぐり

Author:はなむぐり
ブログ外ではmouruって名前で出回っています。何かありましたら tiyokkiri★yahoo.co.jp へ (★→@)

■カテゴリー
■最近の記事
■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
全日本24日感想
せこせこ書いてたら全消去した。メッドゥ!
会場
↓以下24日(ダンスショート、ペアフリー、女子シングル、男子フリー)感想 


席…スタンド席で2階だけどジャッジ側でほぼセンター。
リンクがすべて見渡せるので選手のスピード比較やリンクをくまなく使っているかがわかりやすかった。
かなり良席だったと思う。
24日席_edited-1

・イブだからか、キスクラにサンタが来て演技が終わった選手たちにプレゼントを渡していた。
田村岳斗コーチが親しげに話してたので関係者何だろうけど、正体が気になる。
・パンフ1,000円って安い。出場選手のプロフィル欄の特技/趣味項目が何気に面白い
佐々木あきおの特技「車早当てクイズ」ってなんだよwww
・13時~22時30分までの長丁場の観戦なのでかなり体力を使った。防寒は完ぺきだったが男子観戦の途中で軽く目眩と吐き気を覚え、危うく途中離脱しかけたが衣類のあらゆるキツイ部分を緩くしたら何とか持った。
帰りはかなりしんどかったけど。

≪アイスダンス≫
出場組がジュニア含めて5組もいるというのが観戦の決め手の一つになった。
リード姉弟欠場は残念だが、その分誰が優勝するかわからない面白みがあったと思う。
今シーズンショートダンスのルンバは、トップ選手でもなんかピンと来ないのであんま期待してなかった。
ルンバって難しいのかもしれない。
一番ルンバっぽかったのはブリナ水谷組。
竹井玉田組の玉田君は男子シングルにも出ているので24日は2試合あって大変だなと思った。

≪ペアフリー≫
出場するの高トラ1組のみとか淋しい…。
日本のフィギュア男子は小柄な子が多いので、ダンスは転向できてもペアは難しいのかな。
会場端でウォームアップする様子が見れたが、成美は豆粒大でも動きで成美とわかるのが面白いw
NHK杯のようにシャドーボクシングはやっていなかった。

≪女子シングル≫メモ書きしていた選手のみ
佐藤未生…一番滑走で3-3成功。いきなり会場が湧く。第4グループの村元哉中が上にくるまでつけもの石のようにトップに君臨していた
中村愛音…曲は「Adios Nonino」。ピアソラつながりで、中村健人の「Fugata」の対になりそうなプロだなと思った。両方ともホールドするような振りがあったし。
宮原知子…中2にして全日本ジュニアチャンプになった今大会の注目株。ジャンプは残念だったが身体の使い方が上手いのはわかった。

~第4グループになった途端グンと選手のレベルが変わったのがわかる。それに伴い会場の空気も緊張感が増してくる~
村元哉中…村元姉妹の妹。男性ファンが多いのも納得の美人姉妹ですね。プロポーションが理想的。
村上佳菜子…今大会初めてのスタオべは佳菜子でした。キレキレで調子がいい。ステップ途中のピョンってはねるジャンプが好き。

~真央が出る第5グループ。会場の空気が緊迫感に満ちていてこっちまで緊張してくる。6分間練習時点で口から心臓が出そうになるほどざわざわした~
河野有香…そんな異様な空気に飲まれていた気がする。緊張しているのがあきらかにわかった。
今井遥…今回2回目のスタオべ。正直今回観るまでそこまで注目していなかったんですが、かなりよかった。
同じ門下だからか、スピンが一瞬シズニーに見えた。シズニー、アボット、遥と、佐藤有香門下のスケーターは独特の品の良さを感じて好き。
高山睦美…プロが個性的でコケティッシュでかわいい。黒の長手袋だいすき。こういうのやる選手がもっと増えてくれないかなー
浅田真央…会場の緊張感がピークに。真央ちゃんコールも少なく、みんなが固唾をのんで見守っているかのよう。無難という訳でなく、きっちりまとめた感。真央シェヘラは曲のアレンジは好きなんだけど、振りつけはもうちょっと面白く出来るような気がする。
真央を生で見るのは実は2007東京ワールド以来なんですが、こんなにスピードがあってリンクを端から端まで使う選手とは思わなかった。テレビだとその辺わかりづらいので、生観戦でしかわからない事って結構あります。
國分紫苑…真央が終わって明らかに緊張の糸がきれた会場。sayuriはやっぱりゆかりんを思い出すなあ。ちなみに男子のアランフェスはいまだに本田武史が頭に浮かんでくる。
鈴木明子…一旦会場が湧くと本人の演技がノリノリになりそれにまた会場が湧く…っていうのが鈴木の神演技の特徴ですが、今回はコンボ失敗がたたって会場がノれなかった感。どうでもいいですが実際手拍子してわかるNHK杯の手拍子の神っぷり。

≪男子フリー≫
男子フリー絵のコピー

玉田裕也…本日2試合目の玉田くん。明らかにバテていた。お疲れ様です。
近藤琢哉…下位ながらかなりよかった。ジャッジ前の敬礼アピールが好き。
宮崎勇人…ストレートラインステップ?前の、一服したタバコの火を足で消すフリがニクイ。カートブラウニングの「カサブランカ」おもいだした。
吉田行宏…渾身のロミオ。男子で初めてのスタオべ。何かすごい全力でやっててよかった。
郡山智之…実はお目当ての一人。ステップの時だけあからさまに生き生きしていて面白かった。本田武史っぽい顔立ちでアランフェスプロなのにあまり本田を思い出さなかった。
小沼祐太…大学1年でビールマンやってた。プロは「犬夜叉」だけど別にコスプレではなかった。

~第3グループからすでに見知った名前が続々と。日本男子の層が厚くなっていることを実感~
無良崇人…4回転2度成功。スタオべした。無良のジャンプは男らしくダイナミックで好きだなあ。
佐々木彰生…お目当ての一人。会場中が待ってましたとばかりに沸く。
野太い「あきおおおお」という男性軍団の歓声が目立っていた(友達?)。イケメンなのに変衣装、本人でしか展開できない世界観、途中で入ってくる牛の鳴き声、そしてノリノリのステップ。スケオタ人気が高いのも納得した。ジャンプはGDGDだったが会場は大いに盛り上がったのが凄い。生粋のエンターテイナーという感じ。
村上大介…4サルコウ成功!こりゃいけるぜ!と思ったけど後半バテたのが惜しい…。
日野龍樹…羽生と同世代の一人。今の高2は、羽生、田中、日野とかなり有望な選手が揃っているのが凄い。日本男子フィギュアの黄金期はまだこれからなのかもしれないというワクワク感を覚える。
宇野昌磨…リンクにフラワーボーイが2人飛び出してきた、と思ったら1人は選手だった。ホントに小さくてビックリした。2年前の全日本ジュニア6分間練習で他の選手に踏まれそう?になるたびに悲鳴があがったというエピソードがあったのも頷ける。ジャンプが低難度とはいえシニアプロを最後まで滑り切るスタミナが凄い。思わずスタオべした。
町田樹…ランビ振り付けだけあってランビ臭がする。でも華やかで好き。
田中刑事…田中デカの捕物帳。押し出しは強くないんだけど存在感がある。演技は好みだがリンクの使い方が狭いのが気になる。
小塚崇彦…ジャパンオープン以来の生ナウシカ。前とは見違えるほどに見ごたえがあるプロになっている!特に終盤のストレートラインステップは鳥肌が立った。緑生い茂る草原の中を走っているような雄大なものを感じた。本当に表現力ついたなあ。もちろんスタオべ
高橋大輔…23日行かずに24日来た高橋ファンは「無理してでも昨日行っておけばよかった!」と思ったに違いない。ただこのプロの方向性がやっとわかった。高橋の色気を放出させて観客にまき散らすプロなんだと割と真面目に考えている。演技終了後の高橋雪崩は怖かった。
羽生結弦…RPGの勇者ロミオだと思っていたけど、全日本のロミオはモンタギュー家もキャピュレット家も根絶やしにしそうなバーサーカーロミオだった。文字通り「鬼気迫る」演技。命だけはおたすけください。あー怖かった。
中村健人…時間の関係もあり、羽生が終わった後みんなぞろぞろと帰って行くのが切ない。トリをよく務めたと思う。しかしこんなにイケメンなのに、コーチの豊は彼の試合を放って鶴見に行っちゃうんだね…

明日の事も考えて表彰式を見ずに帰宅。ぎゅうぎゅう詰めで死にかけた。表彰式まで見た組は結構快適に電車乗れたそうな…。選択を誤った気分だ。
その日の夜は長ドスもった羽生ロミオに追いかけられる幻覚に悩まされてなかなか眠れなかった。
スポンサーサイト
フィギュアスケート | 23:45:23

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。