■プロフィール

はなむぐり

Author:はなむぐり
ブログ外ではmouruって名前で出回っています。何かありましたら tiyokkiri★yahoo.co.jp へ (★→@)

■カテゴリー
■最近の記事
■月別アーカイブ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
備忘録
戒め





ボスへの話し方:学校では問題を先生に持っていく。会社ではボスは問題を聞きたくなんかない。問題については触れた上で、それが解決したことを報告しにいくのだ。

つまらない会議に慣れておく:会議もゲームの一部分だ。会議から何を得たいのか自分のゴールを明確にしておいて、それが片付いた後はリラックスして成り行きを見届けるといい。

会議を運営するようになったら:時間どおりに始める。なるべく少人数で行う。議題を明確に。時間どおり終わる。決議をメンバーにメールで共有する。この5つを守るだけでほとんどの人よりは会議運営が上手になる。

一人で学ぶこと:社会に出たら勉強会やゼミなどない。一人で答えを見いだせるようにしておくこと。

ネゴシエーションを上達しておく:事実を十分に把握し、自分の求めているもの、逆に自分が求めていないものを知り、相手の求めているものを想像した上で、win-winな解決方法を見つける。このプロセス以外は役に立たない。

会話術を身につける:不思議な事に、話すことよりも聞くことに集中しているとたいてい相手は自分のことを会話に長けていて頭がいいと評してくれる。

30秒で説明する訓練:エレベーターが目的の階にたどりつくほどの時間で相手の興味をかきたてないといけない。ミッション・ステートメントよりはマントラ(真言)に近いものを練り上げること。

1ページの報告書を書く:学校なら長いレポートの方が成績がいいが、実社会では最もよい報告書は1ページくらいで、要点を得て書かれているものだ。

メールを5つの文で完結できるようにする:長い文章を書いても双方にとって時間の無駄。5つの文章で要点が伝わるくらいにメールの文章を絞るといい。

同僚とうまくやる:学校での評価は個人ベース。でも社会での評価は誰とどのように仕事ができたかにシフトする。全員で評価を共有できるようにしてゆくこと。嫌な同僚がいるなら、なおさらその人とどのように付き合うかが課題になる。

(Powerpointを上手に使う:教授が長い授業で使うスライドは字が小さくて何十枚もあったはず。でもガソリンの値段がこんなに高い時代に車を売りたいと思うなら、スライドは10枚、時間は20分、フォントの大きさは30ポイントが目安になる)

留守電上手になること:ながながと早口で話して、結局「またあとで」ではいけない。ゆっくりと話して、「明日の十時にうかがいます」というように、留守電にも何かの進展を持たせること。

#############################################################################

■社会に出た後で学んでおくべき12のこと

社会に出て3年以内にもらえるお金でバイト料より多い分は会社側の失費だということ

年上で無能に見える人はあなたより生存適応力が高いということ

社会というのはサービスの関係だけどなんとなく心の関係のフリをするところだということ

貰ったお金を全部使わないこと、貯めた金の使い道を考えておくこと

マジで悪人や不運にぶつかっても最終的に助けてくれる人はいないということ

つらいことをやっていてもそれに慣れてしまうものだということ(いい悪いなしで)

病気になったら社会から放り出されるということ

コミュニケーションは技術より人柄とモラルだということ

会議を効率的にやる必要はナシだということ

異性との距離のとり方を自分なりに覚えること、もっというと普通の人は清潔っぽくて普通に話せるならそれで十分

人があなたに話しかけやすくしたり、からかっていいくらいの隙を作っておくこと(はいそこでボケて)

結婚、出産、親の葬式という人生イベントをどう社会との関係でこなすかを学ぶこと
スポンサーサイト
未分類 | 14:43:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。